ボトックス注射

ボトックス注射

眉間や目尻などの表情じわ改善だけでなく、小顔や脚痩せも実現。

ボトックスビスタ注射 (しわ・小顔・多汗症)

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます。エラの筋肉に注射し、筋肉の動きを多少麻痺させることにより筋肉を細くする治療です。

表情を作る際にできるしわ、いつも気になるしわを浅くしたい際には、局所の筋肉や末梢神経を抑えることのできるBOTOX(ボトックス)が有効です。

BOTOX VISTA ボトックスビスタについて

ボトックスビスタは、日本法人アラガンジャパンが極めて精密な温度管理の元安全性を確立し輸入された 厚生労働省により薬事承認された唯一のA型ボツリヌス毒素製剤です。
​​
ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます。

1970年代から眼科、神経内科において、顔面チックや斜視、多汗症など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられており、その安全性はすでに確立されており、現在では約80カ国で使用されています。日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から厚生労働省の認可を受けています。

欧米では、シワに対する美容外科、 美容皮膚科での使用で少なくとも10年以上の歴史があります。男女を問わず非常に多くの人々から支持されているプチ整形です。

眉間や額、目尻のシワなどの表情皺では、 皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がその発生に大きく関与しているため、手術などの従来の方法では治療が難しいとされていました。しかし、ボトックスを表情筋に注入して麻痺させることで、こうしたシワを軽減・消失させることが可能です。 近年ボトックスは、様々な医療の可能性が注目され、世界中で研究されています。このボトックスの有効な特性を活かし、腋臭症や、ワキガ、多汗症などの治療にも広く利用されています。

ボトックスビスタ BOTOX VISTA の安全性

当院では、ボトックスビスタを使用しています。
本剤は国内で唯一厚生労働省に承認されている薬剤です。
アラガン米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80カ国以上(2016年5月時点)で眉間の表情じわを始めとするしわの治療へ適応を取得しており、世界で1,100万人以上が美容医療分野でボトックス注射による治療を受けています。

しわはどのようにしてできますか?

表情の変化によるしわ、表情の変化によらないしわ

ボトックスのポイント

注射による簡単な治療
手術を行わない治療であるため、ごく短い時間、ほんの数分で終わります。
ボトックス治療を受けた人のほとんどが、治療後3日位に効果が見られ始め、7日間程度で実感できるようになります。
麻酔は必要ありません
麻酔の必要ありませんが、注射の痛みが心配な方は医師にご相談下さい。
筋肉を動かすことによってできるしわに効果があります
筋肉を動かす時には、神経からアセチルコリンという物質が出て、脳からの刺激が筋肉に伝わります。眉間の表情じわでは、このアセチルコリンが過剰に出てしまうことにより、眉間の筋肉が必要以上に動き、時間が経つにつれて、しわの原因になります。
ボトックスは神経からアセチルコリンが出るのを抑え、筋肉の過剰な動きをやわらげることにより、しわを軽減します。

シャープなフェイスラインへ

シャープな
フェイスラインへ

骨を削らなくても小顔になれる、天満SORAクリニックのボトックス注射です。

ページ上部へ